予防歯科とは
皆様が歯医者に行く時は、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
「悪くなってから」、「痛くなってから行く」と連想される方が多いと思います。すなわち「歯医者は治療をしに行くところ」と言うイメージを抱く方がほとんどなのです。
確かに悪くなってしまったら治療する他ありません。しかし一度削ってしまった歯は元通りには戻りません。
悪くならないように削らないように予防をすれば、歯を失うリスクを抑えることができるのです。

当院の予防歯科について

治療をしたあと、1ヶ月~3ヶ月の一定期間が経ってから、再び診察することをリコールといいます。リコールは、症状が改善されているのか、また、新しい病気にかかっていないかを確認するために必要なことです。

リコールのときは病状の確認ばかりではなくブラッシングの大切さを改めて認識したり、プラークや歯石がたまっている場合には、スケーリング・ルートプレーニングも行います。長期的にみると、リコールを行っている人と行わない人では歯を失う率に大きな差が出てきます。

予防歯科で健康な歯を手に入れよう!

専門家によるプロフェッショナルクリーニング “PMTC”

PMTC とは Professional Mechanical Tooth Cleaning の略でプロによる歯のクリーニングを意味します。具体的には歯石の除去やクリームを使った器械的研磨をおこないます。虫歯や歯周病の予防になります。
約30 年ほど前に虫歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏づけられて着実な臨床実績を上げています。PMTCの効果として、歯の表面がつるつるして気持ちいいばかりではなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことにより、虫歯・歯周病予防の効果があります。 また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。

お子様の虫歯予防や歯の事についてはお気軽にご相談下さい!

子供を歯科医院に連れて行っても泣いて治療にならない…。そんな悩みを持ったお母様も多いかと思います。はじめは泣いてしまうのも当たり前です。低年齢の子には数回かけて医院に慣れてもらい、処置ができるように対応しています。

フッ素塗布で虫歯を予防しよう

フッ素に虫歯を予防する作用があることをご存知の方も多いのではないでしょうか?フッ素を含む薬剤を塗布することによって 歯の再石灰化を促して歯を強くして虫歯になりにくくするものです。