根管治療について
根管治療とは一般的には歯の根(根管)についての治療の事を指します。歯の中には歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根管の先のほうの小さな細い孔(あな)で、顎骨の中の神経や血管とつながっています。この歯髄が悪化した虫歯や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。このような症状を改善させるには歯髄を除去して歯を残す治療をしなければなりません。これが根管治療と言います。

マイクロスコープ根管治療とは

当院の根管治療について

CTスキャンによる詳細な診査・診断
CTスキャンは3D画像で撮影できるためにレントゲンでは見えなかった神経の状態をより詳細に診断できます。

マイクロスコープによる精密な根管治療
マイクロスコープを使用することで肉眼では見えないところを見ながら精密な根管治療をすることが可能です。

ラバーダムの装着
根管治療する歯以外をラバーダムで覆い隠すことにより、根管治療中の歯を細菌感染から防ぐことができます。

ステンレスファイルの使用
汚染された根管内部の神経や組織を除去する器具です。針のような形状をしていて、側面がヤスリ状になっています。

ニッケルチタンファイルの使用
ニッケルチタンファイルはステンレス製のファイルと比べ高い弾力性を有しているので、湾曲した根管にも対応でき、スピーディーな治療が可能です。